それぞれの在籍確認の違い

消費者金融や銀行系カードローンを申込みする時には、在籍確認が行われます。在籍確認とは、その時申告した職場に、本当に在籍しているかの確認です。在籍確認の方法は主に電話となります。金融会社が直接職場に電話をして、在籍しているかどうかを確認します。

 

在籍確認を取る理由として、その人がウソの申告をしていれば返済能力がない可能性も出てくるためです。本当は勤めていなくて、審査に通るためにウソの申告をする人は実際にいます。普通の金融会社であれば、在籍確認は必ず行われます。

 

消費者金融と銀行では、在籍確認についても違いがあります。どちらも基本的には電話での確認となりますが、消費者金融では電話口で社名を出しません。個人名としてかけてくるのと、本人の確認がとれるまでは個人名意外で名乗りません。消費者金融の場合、社名をだすとカードローン会社だと一発でばれてしまうため、社名を出しません。銀行系のカードローンでは、銀行によっては銀行名を出すケースもあります。

 

もう1つの違いとして、大手消費者金融の場合、相談すれば在籍確認を書類のみで済ませてくれるケースがあります。会社に電話しても出てくれる人がいない、会社の固定電話がない、電話をかけてくるのが明らかに不自然な環境にあるなど、人によってはやむを得ない事情があります。

 

相談すれば、保険証や給与明細などの書類で在籍確認を取ってくれる可能性があるのは大手消費者金融です。ただしあくまで可能性があるだけで、必ず書類で行ってくれるわけではありません。

 

一応はモビットの審査ではWeb完結によって電話不要の手続きが可能ですが、利用のための条件が厳しくなっているので注意が必要です。