消費者金融と銀行系カードローンの違い

消費者金融も銀行系カードローンも、カードを使って自由に借入れができるようになります。お金が必要な時に、1枚契約しておくと何かと便利です。使い道などに大きな違いはありませんが、それがかえって、どちらを選ぶのが正解なのかを悩ませます。

 

 

イメージとしては銀行の方が安心できそうですが、審査が厳しい点を心配する人もいます。消費者金融と銀行系カードローンにはいくつかの違いがあります。

 

カードローン金利の違い

消費者金融も銀行も、初めの限度額は数十万円程度であるケースがほとんどです。金利には最高金利と最低金利があり、どの金利が適用されるのかは契約しなければわかりません。しかし、数十万円程度の限度額であれば、最高金利が適用されるケースがほとんどなので、金利は最高金利で比較をします。

 

消費者金融の場合、アコムが18.0%、アイフルが18.0%、プロミスが17.8%と、ほぼ18.0%の金利が適用されます。一方銀行系カードローンの場合、三菱東京UFJ銀行が14.6%、三井住友銀行が14.5%、楽天銀行カードローンが14.5%と、14.5%程度の金利が適用されます。

 

消費者金融と比べて、銀行系カードローンの金利は3%以上低いのがわかります。

 

総量規制の有無

消費者金融は総量規制の対象なので、貸付け条件が厳しいです。年収の1/3を超える金額の借入れはできません。自分自身に安定した収入がない専業主婦の場合、消費者金融での借入れは断られてしまいます。また、申込み金額が50万円を超える場合には、収入を証明する書類が別途必要となります。

 

銀行は総量規制の対象外なので、年収の1/3を超える貸付けについても、銀行側で融資するかどうかを判断できます。50万円を超える貸付けであっても、収入を証明する書類の確認は銀行側の判断に委ねられます。

 

300万円までなら不要など、必要とする金額は銀行によって異なりますが、100万円程度の借入れであれば不要とする銀行がほとんどです。

 

オリックス銀行のカードローンでは希望額300万円まで所得証明を不要とするので、手軽に手続きを進めたい方にオリックス銀行カードローンの審査内容は注目を集めています。

 

カードローン審査の違い

一般的には銀行よりも消費者金融の方が審査に通りやすいといわれています。銀行の方が安心だと感じる人が多い反面、審査では通らない可能性が高くなります。銀行の場合金利が低いので、審査もそれだけ厳しくなってしまいます。

 

審査ではその人の返済能力の有無を診断します。年収がどれ位あるか、持ち家か借家か、勤続年数に家族構成など、色々な項目を聞かれます。それらを総合して、融資可能かどうかを審査します。消費者金融の場合、審査に通りやすいだけでなく、審査結果が出るまでの時間が短いという特徴もあります。

 

元々個人向け無担保ローンを主体として営業を続けていたので、審査の判断基準が出来上がっているのがその理由です。

 

営業時間の違い

銀行系カードローンよりも、消費者金融の方が長い時間営業しています。銀行業務の多くは15時で終わってしまうため、申込み後の審査なども翌日以降に回されてしまう可能性もあります。

 

また、土日祝日は休業している所も多く、急ぎでお金が必要な時には向いていないかもしれません。消費者金融の場合、夜遅くまで営業している無人契約機もありますし、土日祝日でも基本的に営業しています。

 

消費者金融は営業時間も長く、審査も迅速なため、融資までのスピードが速いというメリットがあります。一方銀行系カードローンの場合、融資まで2週間かかるようなケースも珍しくはありません。

 

消費者金融と銀行系カードローンの差

金利が低かったり総量規制の対象外だったりといった所が銀行系カードローンのメリットとなります。少しでも金利が低い所を求める人、専業主婦や年収の1/3を超える借入れを希望している人、50万円を超える借入れで収入を証明する書類の用意が面倒だという人は、銀行系カードローンが向いています。

 

一方で審査が不安な人や、急ぎでお金が必要な人、平日の日中に手続きの時間を確保するのが難しい人は、消費者金融が向いています。

 

大手の消費者金融であれば土日でも最短即日融資も可能となり、契約機を使う手続きなら最短で当日中のカード受け取りも可能です。有名なプロミスでも川崎市のプロミス契約機を利用すれば週末でも当日中の融資も可能です。